山寺史跡名勝案内図

各御堂のご案内

根本中堂―不滅の法灯
根本中堂―不滅の法灯

根本中堂は立石寺という御山全体の寺院の本堂に当たる御堂です。

現在の根本中堂は延文元年(1356年)初代山形城主・斯波兼頼が再建した、入母屋造・五間四面の建物で、ブナ材が全体の6割程用いられブナ材の建築物では日本最古といわれます。

堂内では、本尊として慈覚大師作と伝えられる木造薬師如来坐像をお祀りし、脇侍として日光・月光両菩薩と十二支天、その左右に文殊菩薩と毘沙門天を拝することができます。

せみ塚
せみ塚

俳聖松尾芭蕉が山寺の地を訪れたのは元禄二年(1689)旧暦で五月二十七日(新暦七月十三日)、紀行文と句を詠んだのは当時麓にあった宿坊といわれています。
その後、翁に連なる弟子たちがこの地を訪れ、往時の面影から翁を偲び、この場所が芭蕉翁が句の着想を得た場所ではないかと、翁の遺した短冊を土台石の下に埋め塚を立てたものがせみ塚となります。
その後、山寺は斎藤茂吉をはじめ多くの俳人・歌人が訪れ、今尚変わらぬ風景に芭蕉翁を感じた方々が残した詩が参道の至るところに句碑となってご覧になれます。

開山堂
開山堂

百丈岩の上に立つ開山堂は立石寺を開かれた慈覚大師の御堂で、この御堂が建つ崖下にある自然窟に大師の御遺骸が金棺に入れられ埋葬されています。御堂には大師の木造の尊像が安置されており、朝夕、食飯と香が絶やさず供えられ護られています。普段は扉の閉じられた御堂ですが、年に一度、大師のご命日に当たる一月十四日に法要が行われ御開帳されます。
向かって左、岩の上の赤い小さな堂は写経を納める納経堂で、山内で最も古い建物です。ここに奥之院で四年をかけ写経された法華経が納められます。県指定文化財で、昭和六十二年に解体修理が行われました。またここより向かって右上には五大明王を奉る五大堂があります。舞台造りのこの御堂からは山寺を一望でき、絶景を楽しむことができます。

奥の院
奥の院

奥之院は通称で、正しくは「如法堂」といいます。
慈覚大師が中国で持ち歩いていたとされる釈迦如来と多宝如来の両尊を御本尊とする如法堂は、参道の終点にあるので「奥之院」と呼ばれています。
この道場で慈覚大師が初められた石墨草筆・一字三礼の如法写経行が護られています。
また如法堂左側の大仏殿には、像高5メートルの金色の阿弥陀如来が安置され、宗派を問わず供養に数多くの人が訪れます。

性相院
性相院

仁王門からのぼると性相院となります。
昔は山上にあった十二支院の一つで慈覚大師作と伝えられる阿弥陀如来を本尊とし運慶作の毘沙門天を安置し、明治元年に山の善行院、極楽院を合併され現在に至ります。

金乗院
金乗院

十二支院の一つで、延命地蔵菩薩を本尊とし、ほかに千体・不動明王を安置しており、寺は天保十一年(1840年)三月、澄明旭海によって再建されました。

中性院
中性院

阿弥陀如来を本尊とし、明治元年に不動院と合併されました。

背後の岩窟には新庄藩戸沢家歴代の石碑が立ち、また道の向かい側には、山形城主最上義光公霊屋があり、最上一族の霊を本尊となる一寸一社の地蔵尊によって祀っています。

華蔵院
華蔵院

ここも十二支院の一つで、慈覚大師が開山のみぎりこの寺にお住まいになったといわれ、本尊は慈覚大師作の観世音菩薩と伝えれれます。向かって右側にある岩屋には、岩屋をお堂に見たてたその中に三重小塔があります。

永正十六年(1519)に造られたこの塔は柱間一尺五寸ほどの小さなものですが、他の塔と同様の工程で組み上げられ全国で最も小さい三重塔ということもあり、国の重要文化財に指定されています。

入山料・アクセス情報
  • 山形駅自動車で30分、JR仙山線で20分
  • 山形空港自動車で30分
  • 天童温泉自動車で15分
  • 酒田市自動車で2時間30分
  • 鶴岡市自動車で2時間 *山形横断自動車道利用
  • 上山温泉自動車で40分
  • 米沢市自動車で1時間30分
  • 蔵王温泉自動車で60分
  • 仙台市自動車で1時間30分、JR仙山線で50分
入山料
(山門/奥之院)
通常 大人 300円
中人(中学生) 200円
小人(四歳児以上) 100円
団体(30名以上) 大人 240円
中人(中学生) 160円
小人(四歳児以上) 100円
年間行事
  • 開催日時
  • 行事名
  • 問合せ先
  • 一般参拝等の可否
1月1日 00:30 初護摩供祈祷法要 立石寺寺務所
1月1日 10:00 正月修正会法要 立石寺寺務所
1月14日 11:00 慈覚大師後遠忌法要 立石寺寺務所
1月17日 13:00 大般若祈祷法要 立石寺寺務所
2月3日 14:00 節分会法要 立石寺寺務所
2月15日 11:00 釈迦涅槃会 立石寺寺務所
4月14日 08:30 円仁祭 山寺観光協会
5月8日 18:00 灌仏会(花祭り) 立石寺寺務所
5月17日 終日 山王日枝神社大祭 山寺観光協会
6月4日 18:00 伝教大師御遠忌法要 立石寺寺務所
8月6日 18:00 夜行念仏講 山寺観光協会
8月初旬 09:30 磐司祭り 山寺観光協会
8月20日 18:00 盂蘭盆会施餓鬼法要 立石寺寺務所
9月秋彼岸中日 11:00,13:00 奥之院施餓鬼会 立石寺寺務所
11月24日 18:00 天台大師御遠忌法要 立石寺寺務所
11月28日(閏年のみ) 06:00 法華経写経奉納法要 立石寺寺務所
毎月14日 06:00 慈覚大師月命日法要 立石寺寺務所
お知らせ
アクセス情報

立石寺
山形県山形市山寺4456-1

023-695-2843
  • 山形駅から自動車で30分
  • 山形駅からJR仙山線で20分
  • 山形空港から自動車で30分
  • 仙台市から自動車で1時間30分
  • 仙台市からJR仙山線で50分
メールでのお問い合わせ 詳しいアクセス情報・地図